インターネット回線はやっぱり光回線

自宅にインターネット回線を引くことは一般的になってきた今日です。

自宅のインターネット回線というと、かつては、ISDN、ADSLと遷移してきましたが現在は、光回線が一般的と言えるでしょう。

光回線の中でも、最も人気なのは、フレッツ光でしょう。

光回線は、固定電話同様、有線で光ファイバーを敷く必要があるため、その工事対応エリアの問題があります。

フレッツ光は、日本全国をエリアとしていることもあり、最も人気の光回線です。

東京や大阪の都市部ではフレッツ光以外の選択肢もありますが、その他の地域では、高速インターネット回線というと、フレッツ光かケーブルインターネットか?ということが多いようです。

ケーブルインターネットも全てのケーブルテレビが対応しているわけでもありませんから、フレッツ光が人気になるのも頷けますね。

光回線の定番はフレッツ光

フレッツ光は、フレッツシリーズの代表的サービスで、NTT東日本とNTT西日本が提供している光ファイバーを使用した光回線による高速通信サービスとなっています。

光回線を各家庭へ直接引き込むことで、ADSLとは違い、遠距離が原因となって起こる劣化、ノイズなどの影響を受けることなく、高品質・安定感のあるインターネット環境をつくることができます。

光回線というのは、伝送媒体に光ファイバーを用いた有線通信・ブロードバンド回線のことです。

光ファイバーとは、離れた場所へ光を伝えるための伝送路のことを指し、電磁気の影響を受けずに、極細の信号線を通って高速信号を長距離でも伝送することができます。そのため、デジタル通信などの多くの通信用途として使用されています。やや難しい話になりますが、だいたい1本の光ファイバーの伝送能力は100Tbps(ビット毎秒:データ転送のレートのことで、1秒間にデータ転送路上の仮想、または物理的な地点を通過したビット数が定義となる)だと言われています。光ファイバーは、コアという芯の部分と、その周囲を覆っているクラッド、更にそれらを覆っている被覆・・・の三重構造となっており、クラッドよりもコアの屈折率を高くすることで、全反射・屈折でによって出来るだけ光をコアにだけ伝播できるような仕組みになっているんですね。ちなみに、コア・クラッドは、光に対しての透過率が高い石英ガラス・プラスチックで構成されています。光ファイバーは、大きく、マルチモードとシングルモードに分かれており、マルチモードは、光源にLED(発光ダイオード)、ファイバーの原料にプラスチックがそれぞれ使用されています。ケーブル・機器などはリーズナブルな価格ですが、一定以上の距離がある場合、光源の波長・波形が揃わず信号が安定しないため、長距離の伝送には利用することはできません。一方のシングルモードは、光源に半導体レーザー、ファイバーに石英ガラスがそれぞれ使用されています。光源となっているレーザー光の波長は揃っており、直進性も高いので、マルチモードよりも長距離の伝送が可能となっています。

よく見聞きするブロードバンドという言葉ですが、これは、broad(広い)とband(帯域)を意味する複合語であり、データをやりとりするための通路が広い・・・という意味になります。

同じ容量のデータをやりとりする場合、そのデータが通る道が狭い場合と広い場合とでは、当然、広い道の方がスピーディかつスムーズにデータが通るころができますよね。

具体的に挙げると、ADSL・CATV・FTTH・・・を始めとする高速通信回線がブロードバンドと言い、速度の遅いアナログ回線・ISDNをナローバンドと言います。インターネットを介してデータを送受信する場合、その速度が速ければ速いほど、多種様々のコンテンツを快適に利用するわけですが、例えば、動画・音楽の視聴や、オンラインゲーム、そしてインターネット回線を利用したIP電話などは、ブロードバンドでなければスムーズに利用することができません。ナローバンドでも動画コンテンツ等を楽しむことはできはするものの、動画だとどうしてもデータの容量が大きいため、途中で映像が止まったり、音声と映像がずれてしまうなど、快適に楽しむことは難しくなります。

日本での光回線の使用は、1980年代前半頃始まりました。しかし当時の使用目的は、LAN(一般家庭・企業のオフィス・研究所・工場等の規模で用いるコンピューターネットワークのこと)などのコンピュータ同士の通信限定で使用されていました。しかし、1980年代中頃、日本電信電話公社(現在のNTTグループ)から光専用線であるISDN1500が一般企業に向けてサービスが開始され、それによってアナログ回線用モデムから光モデルへ換える企業が急増したのです。更に、1本の光ファイバーで複数の通信を行うことができる多重化装置が導入されるようになると、企業のマルチメディア化が進み始めました。1988年という年は、ソウルオリンピックが開催された年なのですが、そのオリンピックが開催する直前に、全都道府県の県庁所在地に光ケーブルの敷設到達が完了し、通信社もこれを利用することになったのです。2000年代になると、光波長多重通信(1本の光ファイバーケーブルに複数の異なった波長の光信号を同時にのせることで、高速かつ大容量のデータのやりとりが可能な情報通信手段)による幹線部分が高速化されるようになり、企業向けの回線も高速化され始めました。更に、多チャンネル動画を高速・高品質で配信することが可能となり、ケーブルテレビの幹線部分にも用いられるようになっています。そして、光ケーブルの価格が下がったことで、一般家庭へFTTHなどが普及・拡大し、現在に至ります。フレッツ光の通信速度は最大100Mbpsで、最大47Mbps(下り)であるADSLよりも2倍以上の速度を実現しています。だからこそ、動画・音楽などの大きなデータもスムーズに楽しむことができるんですね。

フレッツ光の最大の魅力は、何といっても、やはり速度の速さです。

現在は、インターネットを通じて動画を見たり、ソフトウェア・音楽をダウンロードしたり・・・といった行為は当たり前となっていますが、こういった場合に、インターネット速度というのは顕著に表れるものなんですよね。つまり、速度が遅いと、見ている途中で何度も映像が止まってしまったり、コマ送りのようになってしまうことがありますし、ソフトウェアなどのダウンロードも、サイズが大きい場合はなかなかダウンロードが進まず、終わりません。

しかし、フレッツ光(というか、光回線全般に言えることですが)、上りも下りも速度がかなり速いので、動画もスムーズに見ることができますし、ソフトウェアなどのダウンロードもサクサクと進みます。ちなみに、上りというのはアップロード、下りというのはダウンロードのことを言います。上りと下りの速度が速いということは、アップロードもダウンロードもスピーディに行うことができるということです。

フレッツ光シリーズ

先ほど、フレッツ光には、Bフレッツ・フレッツ光プレミアム・フレッツ光マイタウン・フレッツ光ネクスト・フレッツ光マイタウンネクスト・マンションタイプ・光ポータブル・光iフレーム・・・といったサービスが存在すると挙げました。ただ、ここで注意したいのが、NTT東日本管轄地域とNTT西日本管轄地域では、提供されているサービスがそれぞれ異なっている、ということです。

現在、NTT東日本では、フレッツ光ネクスト・フレッツ光ライト。そしてNTT西日本では、フレッツ光ネクスト・フレッツ光ライト・フレッツ光プレミアム・Bフレッツ・・・が提供されています。つまり、NTT東日本管轄地域で、Bフレッツを申込むことも利用することもできない、ということになります。また、フレッツ光ネクスト・フレッツ光ライトなど、同じサービスであっても、NTT東日本とNTT西日本とでは全く別の扱いとなります。例えば、フレッツ光ライトは両方でサービスが提供されていますが、しかし、NTT東日本管轄地域に住んでいた方が、転勤などによってNTT東日本管轄地域に引っ越さなければならない場合、一度、NTT東日本でサービスを解約し、そして改めてNTT西日本で新規に申込む必要があるんですね。プロバイダを変更する必要はなく、住所変更などの手続きを行うだけで済むのですが、フレッツ光のサービスの場合は、NTT東日本からNTT西日本へ変更しなければインターネットを利用することができないのです。

現在、存在している各フレッツ光シリーズについて簡単に説明すると、Bフレッツは、NTT東日本・NTT西日本が取り扱っているサービスです。2000年12月26日、光・IP通信網サービスという仮称で、東京都区部と大阪市で試験サービスを行い、2001年8月1日からBフレッツという名称で本格的に光ファイバーを用いた通信サービスをスタートしました。当時は、ベーシックタイプ・ファミリータイプ・マンションタイプの3種類がありましたが、その後、情勢に合わせて、幅広くサービスを拡充していきます。2005年にNTT西日本がフレッツ光プレミアム、2008年にNTT東日本がフレッツ光ネクストを投入し、2009年度内に、Bフレッツは提供可能地域全域に拡大したことから、2012年3月31日をもって一部の地域を除き、Bフレッツの新規サービス申込みは終了しました。その後NTTは、フレッツ光ネクストへのマイグレーション(プログラム・データの、移行・変換作業を行うこと)を計画し、既に中継網となっている地域IP網を2013年度末を目標において、フレッツネクストへ移行工事中です。2012年3月31日までにBフレッツを申込んだ場合は、現在もBフレッツサービスを利用することができますが、今後、どういった扱いになるか、詳細はまだ発表されていません。

なお、Bフレッツは、最終的に、ビジネスタイプ・ベーシックタイプ・ファミリータイプ・ニューファミリータイプ(NTT東日本のみ)・ファミリー100(NTT西日本のみ)・ハイパーファミリータイプ(NTT東日本のみ)・ワイヤレスファミリータイプ(NTT西本のみ)の7種類のコースが揃っていました。

ビジネスタイプは、主に企業向けのサービスであり、メディアコンバータ(異なる伝送媒体を伝ってきた信号を、相互に変換する装置のこと)を使用しています。収容局までのファイバー、そして地域IP網までの回線を専有しており、スループット(一定時間内に処理できるデータ量)は高いですが、その分料金も高くなっています。

ベーシックタイプは、企業だけでなく、インターネットを頻繁に利用するいわゆるヘビーユーザーにも幅広く対応することができるサービスで、ビジネスタイプと同様にメディアコンバータを使用しています。収容局までのファイバーを専有していますが、収容局から地域IP網までの回線は、他のユーザーと共有する形となっています。

ファミリータイプは、ユーザーの端末側の速度が最大10Mbpsとなっており、NTTが独自に開発したSTM-PON(光ファイバーを複数の加入者が共有するPON方式の一種であり、多数のユーザーの通信を、ユーザーごとに一定帯域を確保できるSTM方式で1波長にまとめて伝送することができます)が採用されています。

NTT東日本のニューファミリータイプと、西日本のファミリー100は、一般個人向け・中小企業向けに適したサービスで、B-PON(ATM技術を基本としたPONシステムのこと。ATMというのは、90年代に実用化されたデータ伝送技術であり、セルという短い固定長のパケットを使用したコネクション方のパケット通信のこと)及び光回線終端装置(光通信ネットワークの終端に設置されているデータ回線終端装置のこと)を使用しています。収容局まで、上り156Mbps・下り62Mbpsののファイバーを複数のユーザーで共有するようになっており、局側の終端装置であるB-OLTの地域IP網側のインターフェースが100Mbpsであり、それを複数のユーザーで共有するようになっています。ユーザー端末側の速度は最大100Mbpsで、料金はリーズナブルである、ユーザーが増えるとスループットが低下してしまいます。

NTT東日本のハイパーファミリータイプは、一般個人・中小企業向けのサービスで、GE-PON ONU、もしくは、回線終端装置内臓のひかり電話対応ルータを使用します。収容局までは、上り・下り共に1Gbpsで、最大64ユーザーでの共有が可能となっており、地域IP網側のインターフェースは1000BASE-T、ユーザー端末側の速度は最大100Mbpsです。ライン共有利用者が増加すると、スループットが低下してしまう可能性が高くなります。

NTT西日本のワイヤレスファミリータイプは、近在している電柱などに設置してある無線基地局(AP)と、ユーザーの一戸建住宅の外壁・ベランダなどに設置したアンテナ(WT)との間でFWAを利用した光サービスとなっています。光化が難しいとされている地域、散居村などに設置されることが多いようです。

そしてフレッツ光プレミアムは、NTT西日本管轄地域でのみ提供されているサービスで、2004年12月に発表、2005年3月1日からサービスがスタートしました。Bフレッツと同じく、フレッツ光ネクストのサービス地域拡大に伴って、2012年3月31日で一部地域を除き、新規サービス申込みが終了となっています。NTTでは、フレッツ光ネクストへのマイグレーションが計画されており、既に中継網となっている地域IP網は、2013年度末を目途にフレッツネクストへ移行工事中となっています。しかし、こちらもBフレッツと同様、既存ユーザーの取扱いが今後どうなるか・・・は詳細がまだ発表されていません。現在、フレッツ光プレミアムはIPv6に標準で対応しており、CTU(加入者網終端装置)が回線終端装置・VDSLモデム等とは別で提供されています。現在、フレッツ光プレミアムは、主に企業向けであり、Bフレッツのビジネスタイプと同じく、収容局までのファイバー・地域IP網までの回線を専有していますが、最通信芯速度は1Gbpsと非常に高速となっているエンタープライズタイプと、フレッツ光プレミアムの特徴以外は、NTT東日本のBフレッツハイパータイプとほぼ同じサービスであるファミリータイプの2種類が存在しています。

フレッツ光マイタウンは、NTT西日本管轄地域でのみ提供されているサービスで、他のフレッツ光のシリーズが提供されていない市町村、一部の地域にて、自治体が各家庭まで敷設したFTTH回線であり、通信帯域をNTT西日本が借りあげて、地域IP網、または自治体が用地した特定プロバイダへ接続しています。それにより、加入する場合は、事前に自治体のFTTH回線の契約と引込工事を行わなければなりません。言い切ることはできませんが、光CATV(光ケーブルによる有線放送。放送系の網構成をとる光回線によって実現し、一部事業者・一部地域が提供されているサービスです)が運営していることが多いようですね。このフレッツ光マイタウンは、2007年3月1日に岡山県の真庭市、英田郡西粟倉村でサービスがスタートし、それ以降も、2007年10月1日に岡山県真庭郡新庄村、2007年5月21日に福井県大飯郡おおい町、2008年2月1日に大分県豊後高田市、2008年7月1日に岡山県真庭郡美作村、2009年5月1日に愛媛県越智郡上島町、2010年2月1日に徳島県三好郡東みよし町・・・へサービス提供地域が広がっています。フレッツ光マイタウンの内容は、フレッツ光プレミアムの内容とほとんど同じですが、付帯サービスの有無・料金設定等は、それぞれの自治体側の設備・契約内容によって異なっていますので注意が必要です。現在、フレッツ光マイタウンでは、地域IP網へ接続し、その先PPPoE接続可能なプロバイダが自治体によって異なっているファミリータイプと、自治体が用意した特定プロバイダのみに接続可能となっているファミリーライトタイプの2種類が存在します。ファミリーライトタイプの場合、NTT西日本が提携しているプロバイダとは提携することができませんが、その分、通常よりも利用料金はリーズナブルとなっています。

フレッツ光ネクストは、2008年3月28日に発表され、同年3月31日に申込受付・サービス提供がスタートしたサービスです。NGNという次世代ネットワークを使用し、既存のBフレッツのサービス内容に、より高品質で安定性の高いひかり電話のサービス提供や、一部地域のみではあるものの、地上デジタルテレビの再送信を提供がプラスされています。QoSというコンピュータネットワークで重要な通信品質を確保するための技術を設けることで、テレビ電話・テレビ再送信などに対して優先度を上げて通信を行うことができ、それにより、品質が高く、かつ安定した通信を行うことが可能です。しかし、インターネットへのアクセスの優先度が低くなっているため、優先度の高い通信が増加するにつれ、安定した通信の維持が困難となっていきます。現在、このフレッツ光ネクストでは、ビジネスタイプ・ファミリータイプ・ファミリーハイスピードタイプ・ファミリーハイスピードタイプ隼(NTT西本)の4種類が用意されています。

簡単に説明すると、ビジネスタイプは、主に企業向けのサービスであり、Bフレッツのビジネスタイプと同様に、収容局までのファイバー・地域IP網までの回線を専有し、最大通信速度は1Gbpsと高速になっています。

ファミリータイプは、通信の仕組みに関しては、光ネクストに最適化された以外は、NTT東日本のBフレッツハイパーファミリータイプと同じ内容です。

ファミリーハイスピードタイプは、IPv4の1セッションあたりの最大通信速度が、これまでの100Mbpsから200Mbpsに向上したサービスとなっています(ただし、NTT東日本は下りのみ、NTT西日本は上り下り・・・が向上しています)ファミリータイプと同じく、通信の仕組みが光ネクストに最適化されている他、フレッツ v6オプションを使用すると、IPv6 IPoE接続で最大通信速度が上り200Mbps・下り1Gbpsとなります。

NTT西日本のファミリー スーパーハイスピードタイプ隼は、最大通信速度がだいたい1Gbpsへ向上したサービスであり、通信の仕組みは光ネクストに最適化されています。

フレッツ光マイタウンネクストは、フレッツ光マイタウンのNGN版(次世代ネットワーク)という位置づけであり、2010年6月18日に、島根県邑智郡川本町、美郷町、隠岐郡海士町よりサービスがスタートしました。その後もこのフレッツ光マイタウンネクストと提携する自治体が増えてきていますが、従来のフレッツ光マイタウンが提供されている地域では、フレッツ光マイタウンネクストのサービスは現在のところ開始予定はないようです。マンションタイプは、Bフレッツ・フレッツ光プレミアム・フレッツ光ネクストで、それぞれ提供されていますが、マンションの形態によって更に細分化されたプランが用意されています。マンションの規模に合わせて細分化されたプランは、現在、ミニ(集合住宅あたり4件以上の契約が見込まれる場合のプラン。

ただしNTT西日本地域では6件以上)・プラン1(集合住宅あたり8件以上の契約が見込まれるプラン)・プラン2(集合住宅あたり16件以上の契約を代表者が行うプラン)・・・の3種類が存在しています。また、マンションの屋内の配線状況に合わせて細分化されたプランには、NTT東日本の光配線方式とNTT西日本のひかり配線方式(集合装置にPONを設置して、マンション各戸まで直接光ファイバーを引き込んで、それぞれに回線終端装置が提供される方式)・LAN配線方式(MDFに設置したマンション用集合終端装置から、既設されているLAN配線を利用する方式)・VDSL方式(MDFに設置したマンション用集合終端装置から、既設されている電話線上を介してVDSLを利用する方式)・NTT東日本のワイヤレス方式とNTT西日本のワイヤレスタイプ(近在の電柱などに設置されている無線基地局と、ユーザー宅のベランダなどに設置したアンテナとの間で、FWAを利用する方式)があります。そして、このサービスタイプと配線方式の2つを組み合わせることで、料金プランが決定するのです。

光ポータブルは、Bフレッツの契約者に対して、光ポータブルという小型のWiFiルータをレンタルするサービスであり、この光ポータブルは、フレッツ光・フレッツADSLなどのブロードバンド回線のルータとして利用できるのはもちろんのこと、FOMAハイスピードなどのモバイル回線や、フレッツスポット・NTTドコモのdocomo WiFiなども、親回線としたWiFiルータとなります。

光iフレームは、フレッツ光の契約者に向けて提供されている、android OSと際のタブレット型端末と、フレッツマーケットというアプリケーション コンテンツマーケットを使用した情報配信サービスのことです。端末は、レンタル・買取りの2種類があり、フレッツ光ユーザー限定のサービスとなっています。これらのフレッツ光のサービスを利用したい場合は、サービスを利用したい場所がNTT東日本であるか、NTT西日本であるかを確認しなければなりません。同じNTTであっても、NTT東日本とNTT西日本は全く別の会社であることを認識した方が良いですね。提供エリアの確認は、NTT東日本・NTT西日本の各公式サイトにて調べることができます。また、住まいのタイプ(戸建住宅・集合住宅)、郵便番号・府県・電話番号のいずれかを入力することで簡単に確認することができますよ。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • NURO光の特徴 下り最大2Gbpsの光回線NURO光の特徴 下り最大2Gbpsの光回線
    NURO光はso-netが提供する下り最大2Gbpsの光回線です。エリアが関東圏に限定されるのが残念なところです。さらにはNURO10Gという10Gbpsの世界最速の光回線のサービスもエリア限定で始まっています。
  • 今さら聞けないフレッツ光とは!フレッツ光ならではの強み今さら聞けないフレッツ光とは!フレッツ光ならではの強み
    光回線といえば、フレッツ光というくらい光回線の代名詞のような存在なのがフレッツ光です。光回線提供エリアの広さがフレッツ光の最大の強みではありますが他にもフレッツ光の強みがあるのです。