光コラボレーションはお安いフレッツ光

フレッツ光はNTT東日本・西日本が提供する光回線の一種です。インターネットを利用するためには必ず必要なものです。光回線といえばNTTのフレッツ光と言われていたほど、日本全国で最もユーザー数の多く、これまでNTTは光回線市場で独占状態にありました。しかし数年、NTTに対抗するためにKDDIのauひかりや各地方の電力会社などが、NTTよりも安い価格で光回線を提供し始めることで、NTTのユーザーはフレッツ光を解約して、他社回線に乗り換えるようになってしまいました。当然のことながら売上も落ちてしまったのです。少しでも多くのユーザーに今後も利用して欲しい、また他社回線から元に戻ってきてほしいと考えたNTTが、新たな策として掲げたのが、光コラボレーションというサービスなのです。

インターネット環境を利用するためには、光回線に加えて、プロバイダというものが必要です。光回線は自宅までの道筋、プロバイダはその中を通るものとなっていて、必ず2つの契約がないとインターネットを利用することはできません。2つは別会社であったため、これまでは2つの月額料金を合計すると、マンションでは5000円程、一戸建てでは7000円程かかっていて、決してやすいといえる価格ではありませんでした。

しかし、NTTが光コラボレーション事業者(プロバイダ会社)に光回線の卸売りをすることで、卸売りをされた各事業者が、NTTに代わって自社のプロバイダとセットでサービス展開ができるようになり、現状よりも平均1000円~1500円程安く、インターネットサービスを提供することができるようになったのです。要するに、NTTの回線をそのまま利用して、サービスの提供元を変えるだけで、インターネットの月額料金を抑えることができるのです。そのため面倒な工事もなくて、現在光コラボレーションに切り替えるユーザーは多くなっています。

実際に切り替えを行うためには、転用承諾番号という切り替え番号が必要になります。この番号はNTTでのプランを切り替えた後も引き継ぐために必要なもので、NTTの公式ホームページまたはNTTの転用承諾番号センターに契約者本人が電話をすることで取得できます。自身のNTTでの契約状況を呼び出すことで転用承諾番号は発行され、自身で申し込みをしたい光コラボレーション事業者にその番号を提示します。

後日、切り替え日時とID・パスワードが契約住所に郵送されてくるので、決まった切り替え日時にID・パスワードを入力することで切り替えが完了となり、非常に簡単な手順で切り替えることが可能なのです。ただし、この時NTTには切り替わった旨を特別連絡する必要はありませんが、これまで契約していたプロバイダ会社と、契約する事業者が別の場合には、プロバイダ会社に切り替わった後で解約の電話をしなければなりません。そうしないと、プロバイダを二重契約することとなり、無駄な出費が発生してしまいます。

光コラボレーション転用の注意点

使い方・環境が変わらずに月額料金が安くはなりますが、光コラボレーションに切り替える時には、いくつか注意が必要です。

まず1つ目は、NTTは解約になるということです。転用承諾番号を取得してプランの引き継ぎは可能ですが、契約自体は引き継がれないため、よって解約するということになります。

そうなると、NTTのメンバーズクラブで貯めていたポイントは消滅し、今まで貯めたものは失効となってしまいます。切り替える時には、あらかじめ商品と交換したり支払いにあてるなどして、使い切ってから切り替えることをおすすめします。

2つ目は、これまで契約しているプロバイダ会社でレンタルしているものがある場合・自身でホームページを作成している場合には不便が起こることです。これまでと今後が同じ事業者であれば問題ありませんが、違う場合には解約することでレンタルしているものを返さなければならなかったり、また固定のIPアドレスを取得している場合には使えなくなってしまうので、ホームページを作成する上で支障をきたしてしまいます。

光回線だけでなく、プロバイダの契約状況もあらかじめ確認した上で申し込みをするべきです。3つ目は、縛りがあることです。これは携帯電話の要領と同じですが、各事業者それぞれ縛りがあり、期間は大体24ヵ月~36ヵ月程となっています。

自動更新となっている場合がほとんどで、更新月以外の解約では違約金が発生したり、またキャンペーン等を適用している場合には別途の違約金も発生してきてしまいます。インターネットを今後も利用するつもりであれば気にすることではありませんが、辞める予定がある場合には縛りには気を付けてほしいものです。

どんなサービスにもメリット・デメリットはつきものです。必ずしも得をするわけではないということを認識した上で、注意点に気を配りつつ、メリットがあれば光コラボレーションへ切り替えるべきだと思います。

光コラボはドコモ光だけではありません!

光コラボは、殆どドコモ光の為に始まったサービスといっても過言ではありませんが、しかしドコモ光だけではありません。

ドコモ光は、ドコモユーザーが利用する場合には確かに安価な料金設定となるのですが、それ以外のスマホを使っている人の場合はあまりメリットはありません。

格安SIMを利用しているような人は格安SIMのMVNOの光コラボを利用した方が安くなるのです。

例えば、BIGLOBEモバイルの格安SIMを利用している人の場合は、ビッグローブ光を利用した方がおすすめです。ビッグローブ光はキャンペーンも充実していますし、格安SIMと一緒に利用した場合は毎月300円の割引も受けられます。300円というと大したことなさそうですが元々安価な料金設定の上での割引ですからかなりお得です。

もちろん、ビッグローブ光のみならず、他にも沢山の光コラボのサービスがありますので、是非一度検討されることをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です